IoT時代のスマートフォン

25/01/2020 オフ 投稿者: Consulting-Div
スマートフォン

概要

5Gに対応した端末は2020年1月現在2%となっています。5Gの普及に伴い、端末の高性能化・高価格化が予想されています。


スマートフォンの市場

世界全体の出荷台数は四半期で3.8億台に達しました。 米国、インド、中国、日本、ドイツなどが世界全体において約半数を占めています。
メーカー別ではApple、HUAWEI、Samsungの三社で世界における約半数のシェアを占めています。


ハード:主流スペック

  • CPU:Snapdragon660~855
  • RAM:4GB~16GB
  • ROM:64GB~256GB
  • バッテリー:3,000~5,000mAh

ソフト:アプリストア

  • Google Play
  • App Store
  • Huawei App Gallery

IoTを見据えたスマホの進化

サイズを抑えながらCPUの高速化・大容量化と連続起動時間はトレードオフの関係にあります。5Gが普及していくと同時に端末は家電やクラウドとのデータ送受信の通信量も膨大なものになっていきます。アプリ・ソフトサービス供給側はクラウド上にデータを格納、サブスクリプションサービスの充実を推し進める一方で、端末内にデータを格納することを求める消費者のニーズにこたえるメーカー側の高速化・長時間可動を両立するための努力が今後も求められています。


主な端末メーカー


注目度の高い機種

Apple iPhone 11 Pro

超広角、広角、望遠の3つのカメラレンズを搭載しています。

Apple iPhone公式Webサイト


Google Pixel 4

現在は提供終了となりましたが、嘗てはデスクトップ版もありました。

Google Pixel公式Webサイト


SONY Xperia 5

6.1インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

SONY Xperia公式Webサイト


Huawei P30

2018年に世界最多のセールスを記録したP20の後継機種です。

Huawei公式Webサイト


検索ワード

  • 意味
  • 歴史
  • 通販

関連性の高いTopics