Branding technology

Thumb consulting

Thumb consulting mission

画像ファイル Visualize

meeting Face to Face

チェック Check and Action

ブックマーク Bookmark on your heart

download Input and Stock

サイトマップ Build with Improvement

成長グラフ Keeping our growth


Your growth with branding technology

当社では幅広いマーケティング業務を提供しています。


戦略立案

マーケティング戦略立案

経営企画、組織作り、IT、CSRなどの経営計画をベースに立案します。


Webサイト診断

Webサイト診断 ・UI/UX改善

現状のWebサイトの構造を調査・確認、SEOやUI/UX改善の観点でレポートします。


経費

デジタル広告の企画・運用

リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告運用の企画・設計・運用を行います。


グラフ

顧客データ分析・CRM支援

既存顧客の属性・認知経路・満足度・ロイヤリティ化、潜在顧客のターゲティング・アプローチ方法を設計します。


検索

競合サイト調査・分析

ターゲット・ベンチマークしている企業のWebサイトの環境・アクセス状況を調査・分析してレポートします。


Marketing TOPICS

  • Googleの2020年
    GAFAと称される米国IT企業のトップを走る企業。2006年にYouTube買収後は検索結果に動画の候補を検索結果ページの1st viewに表示、動画・SNSによるオンラインコミュニケーションが若年層におけるデファクトになっています。
  • IoT時代のスマートフォン
    5Gに対応したスマートフォン端末は2020年1月現在2%となっています。5Gの普及に伴い、端末の高性能化・高価格化が予想されています。世界全体の出荷台数は四半期で3.8億台に達しました。 米国、インド、中国、日本、ドイツなどが世界全体において約半数を占めています。 メーカー別ではApple、HUAWEI、Samsungの三社で世界善田における約半数のシェアを占めています。
  • サブスクリプションの今後
    情報のクラウド化により、B2BだけでなくB2Cサービスもオンライン上にあるデータに都度アクセス、利用する仕組みが定着しました。サブスクリプションサービスは提供者が充分な供給数、供給可能なインフラを整備・確保した上で、ビジネススキームの標準化が可能な商品・サービスに適用されます。ユーザーメリット、主なサービス、成功事例を紹介しています。
  • 市場調査 基本TIPS
    インターネット、スマートフォンが生活必需品になり、オフラインからオンライン調査にシフトしてきました。欠損値や矛盾回答を防ぐことが出来るなどデータの整形プロセスにおいては飛躍的な進化を遂げました。ここでは市場調査の役割、プロセス、種類、コスト、オンラインリサーチの利点、主なリサーチ企業を紹介しています。
  • Tableauの特徴と強み
    TableauはBusiness Intelligenceに特化したソフトウェアを開発・販売しています。ここではTableauの機能、メリット、導入スケジュール、コスト、活用事例などについて説明しています。
  • 統計解析の基礎
    「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺がマーケティングではよく知られていますが、統計解析により、複数の事象の相関関係を恣意的に判断せずに数値の関係から判断可能になります。サンプル数が少ないケースにおいても有意差検定により、有意差有無を判定できるなど企業の新規事業や新商品のテストマーケティングの際に有用です。
  • デジタルトランスフォーメーションの今後
    2018年に経済産業省がデジタルトランスフォーメーションの研究会を設置。DXという略称が使われています。2019年以降、DXに関するレポートやガイドラインがリリースされています。DXの目的はインターネットの技術を通じて人々の生活を変革することです。
  • アドネットワークの特徴
    デジタルの世界においてはデバイスを跨いだユニークユーザーの訪問履歴をトレースすることで信頼性の高い属性の類推が可能になりました。Webサイト運営者がバナー広告を個別に管理して相性の良い広告を切り替えるなどの運用リソースをアドネットワークは自動化、ある程度の最適化を可能にしました。
  • PC市場 2020年の展望
    Windows10を搭載した端末が一通り市場に出回った2019年のPC市場。2020年にはクラウドサービスを考慮、スマートフォンとの住み分けを図ったPCを各メーカーが積極的にローンチしていくと予想されます。これまでCPUベンチマークスコア、メモリ容量、連続稼働時間などの性能を重視されていましたが、今後はIoT、5Gへの対応が求められています。
  • シェアリングエコノミーの現況
    シェアリングエコノミーはユーザーが所有権を持たずに必要な分量と期間、利用する経済活動を指します。市場規模は年間900億円~1,000億円(総務省調べ)、経済効果は9,200億円(Airbnb調べ)とされています。ここでは対象サービス、メリット、Uber、Wework、Airbnbなどの事例を紹介しています。
  • HR・人事クラウド
    少子高齢化、技術者不足の昨今において企業にとって優秀な人材の獲得は死活問題になっています。これらの課題を解決するためのHR・人事関連のクラウドサービスを紹介します。
  • amazon B2Bサービスまとめ
    世界最大のECサービスを運営するamazonですが、企業向けサービスも充実しています。国内数千万人がアプローチするサイト内での親和性の高い顧客へのリーチ、購入に向けた導線設計は他社ECの追随を許しません。
  • CRMの役割
    CRM (Customer Relationship Management)について。主な活動はビッグデータ分析、季節要因の把握、NPS (Net Promoter Score)の定期的な調査、認知経路の把握、ブランドスイッチした態度変容の把握、ロイヤリティの獲得、ニュースレターの配信、カスタマーサポートなど。
  • IT産業2020年のトレンド
    人々の生活を豊かにしたインターネットは2020年から5G、2030年には6Gの世界に進んでいきます。一方で環境保護や資源の効率化などが求められています。国内全体で約20兆円、内訳はSIer・開発費などで12兆円、ソフトウェアなどで6兆円、インターネット関連サービス業で2兆円とされています。
  • SaaSの概要・トレンド
    SaasとはSoftware as a Serviceの略。ユーザーがクラウドにアクセス、サービス提供側の環境でソフトウェアを利用するスタイルです。ソフトウェアをインストールしてローカル環境で使用するスタイルと比べて多数のメリットがあります。
  • ブランディング 高評価16社
    ブランディングとは企業が意図して自社製品・サービスのイメージを高めたり社会的信頼を得る活動を指します。サービスの明解性、企業のガバナンス、消費者からの信頼性、企業自体の社会的価値、サービスの付加価値、ラインナップの一貫性、消費者ニーズへの応答、媒体を通じた存在感、他社には無い特異性、生活における緊密性が挙げられます。
  • 航空券予約サイトの考察
    今や航空会社の公式Webサイトで購入するのではなく、旅行代理店を含めた全てのオンライン販売チャネルの比較サイトで購入するのが主流になりました。航空券予約サイトの特徴として最も良いレート(価格)で予約・購入が可能、他社サイトと価格・条件の比較が可能、ユーザーレビューを踏まえた検討が可能です。
  • プロモーションの設計
    プロモーションとは商品・サービスを消費者に認知・理解してもらいながら購買・利用意欲を高める販売促進活動を指します。 ブランディングが企業・商品イメージを高める消費行動の上流部分の役割を果たすことに対し、プロモーションは試用・購入など消費行動における下流部分の役割を果たします。
  • 流通産業 ECと実店舗
    1980年代のコンビニの台頭、2000年以降のECの劇的な進化により店舗と消費者の関係が変化しました。実店舗もしくはマスメディアを通じて商品・サービスを把握して購入していましたが、昨今のECでは一商品の詳細スペックを知ることが出来ます。また、実際に購入・使用した消費者のレビューにより具体的な使用感や満足感を事前にキャッチ出来るようになりました。
  • SEO 技術トレンド20
    SEO (Search Engine Optimization)について概要を案内しています。ホワイトハット施策による上位表示のテクニック、Googleによるペナルティなど注意すべき点や技術トレンド・キーワードについても紹介。