シェアリングエコノミーの現況

19/01/2020 オフ 投稿者: Consulting-Div
シェアリングエコノミー

概要

ユーザーが所有権を持たずに必要な分量と期間、利用する経済活動を指します。米国でAirbnbやUberがサービスを開始、数年間で世界中に広がりました。オフィス、住居、自動車、自転車などのサービスが提供されています。


シェアリングエコノミーの市場規模

市場規模は年間900億円~1,000億円(総務省調べ)、経済効果は9,200億円(Airbnb調べ)とされています。


主なサービス

  • シェアオフィス
  • シェアハウス
  • カーシェアリング
  • 自転車(ライドシェアリング)

メリット

商品・サービスを購入するよりも初期費用を抑えられます。また、サービス提供者が同一サービス内で複数種の商品を提供、利用者がその都度選択可能なタイプなどは将来購入を検討している消費者にとってその分野の商品・サービスの概要理解、コスト感を把握するのに有用です。


各企業のサービス

Uber

国土が広い米国において一般ドライバーが運転する自動車と移動手段を求めるユーザーを繋ぎました。飲食物の配送や音楽配信サービスも提供を開始しました。

Uber公式Webサイト


Wework

オフィスのシェアリングサービスです。プライベート、スイート、ヘッドクォーターの3タイプから選べます。場所は六本木、銀座、丸の内、渋谷など。

wework公式Webサイト


Air bnb

旅行先の現地に住んでいる生活者の家を一泊単位で宿泊が可能なサービスです。

Airbnb公式Webサイト


Anyca

半日あるいは数時間単位でクルマのレンタルが可能なサービスです。

Anyca公式Webサイト


Thumbtack

米国を中心に展開、地元の生活者と特定サービスの専門家を結びつけるマッチングサービスです。時価総額が1兆円を超えたユニコーン企業です。

Thumbtack公式Webサイト


その他のサービス

  • Garden sharing
  • Cloud funding
  • Wikipedia

検索ワード

  • アプリ
  • 今後
  • 自治体

関連性の高いTOPICS