統計解析の基礎

20/01/2020 オフ 投稿者: Consulting
統計解析

概要

主に定量調査を行うことで物事の事象や傾向を捉える活動を指します。


統計解析の役割

「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺がマーケティングではよく知られていますが、複数の事象の相関関係を恣意的に判断せずに数値の関係から判断可能になります。サンプル数が少ないケースにおいても有意差検定により、有意差有無を判定できるなど企業の新規事業や新商品のテストマーケティングの際に有用です。


解析に必要な情報

5W2H全てが揃っている大量のデータ、所謂ビッグデータを取得していることが理想ですが、Which(他のどの商品と比較したか?)については情報を取得出来ないケースが多く、仮に検討商品Aを買い物かごから外したとしても最終的に購入した商品Bの競合・比較検討であると断言することは難しいです。
マーケティングチームは既存のデータだけでなく、数値化されていない変数を考慮して分析する必要が有ります。


主な解析手法

  • 主成分分析
  • 因子分析
  • クラスター分析
  • コンジョイント分析
  • コレスポンデンス分析
  • テキストマイニング

主な解析ツール


統計関連のキーワード


主な解析ツール

Google Analytics

Google社がビーコン型で提供しているアクセス解析ツールです。

Google Analytics公式Webサイト


SAS

解析ツール・AIプラットフォームを開発・提供しています。

SAS公式Webサイト


SPSS

IBM社が開発・提供している解析ツールです。

SPSS公式Webサイト


CellPathfinder

横河電機が開発・提供している開発・研究用のツールです。

CellPathfinder

横河電機Webサイト


検索ワード

  • エクセル
  • ソフトウェア
  • 事例
  • 医療
  • 書籍

関連性の高いTopics