SCM 2020年の基礎知識

04/01/2020 オフ 投稿者: Marketing
SCM

概要

Supply Chain Managementの略。物流システムを複数の企業間で共有することでコスト・納期・在庫管理をより効率的に行うマネジメント手法です。


SCMの役割

消費者、倉庫にある商品在庫、コマースチャネル、生産者をエンゲージさせるのが嘗ての役割でした。特に物流の最適化は食品の鮮度維持や新商品の早期受け取りという顧客への付加価値をもたらしました。


今後のトレンド

3Dプリンタ、ウエアラブルウォッチ、ドローンやIoT、5Gの普及により、一部のサービス・商品は物流プロセスそのものが変化していくと予想されます。


導入している主な企業

日本国内では「ジャストインタイム」を目指した「かんばん方式」を採用しているトヨタが有名です。他にも物流会社である日本通運やコンビニエンスストアのセブンイレブンやローソンが導入しています。


導入をサポートしている企業

主な企業として

  • キヤノンITソリューションズ
  • 日立システムズ
  • NEC

などが挙げられます。


DSNイノベーション


The Industrial Organisation Perspective

参照サイト


アリゾナ州立大学による解説動画


導入スケジュール

案件の規模によりますが、要件定義~テスト運用まで一般的に3か月間~12か月間を要します。本番環境導入後のバグ修正~安定運用までを1か月程度見込んでおくことを推奨します。


導入コスト

プロジェクト内容・導入規模に準じますが、1,000万円~3,000万円程度の開発費・プロジェクト管理費が過去実績として挙げられます(ハードウェアを除く)。


検索ワード

  • SCM 事例
  • SCM 企業
  • SCM 課題

関連性が高いTopics