Webマーケティングの役割

03/01/2020 オフ 投稿者: Marketing
Webマーケティングモデル

概要

企業と生活者はWebを通してコミュニケーションを取ることが出来るようになりました。容易に見えますが、コンシューマーは自由に取捨選択出来る環境にあり、企業側の企画設計・運用は一層難易度が高まってきています。


Webマーケティングの主な目的

コーポレートサイト設置によるブランディング、サービスサイト設置によるリード(見込み客)の獲得、新規顧客の獲得、既存顧客の再利用促進、商品・サービスロイヤリティ獲得のためのコミュニケーション機能など多岐に渡ります。


オフラインマーケティングとの違い

全てのチャネル・メディアの実績(表示回数・クリック回数・問い合わせ数・購入数)の計測・可視化が可能です。より正確な広告の費用対効果算出が可能になりましたが、異なるチャネルで商品・サービスを認知したケースも含まれることからアトリビューション(間接的貢献・間接効果)を数値化する企業もあります。


Web広告の役割

一般的にマスメディアにおける広告が 企業イメージのブランディングといった上流部分の役割を果たすのに対し、Web広告は商品購入など下流部分の役割を果たすことが多いです。理由として、オンライン上では短期間・ミニマムサイズでの販促活動が可能、購買チャネルの機能を持っている、などが挙げられます。


Web広告の種類

ディスプレイ広告

ポータルサイトなどで表示されるディスプレイ広告は商品を認知していないユーザーへのアプローチが可能で潜在顧客のリード獲得・サービス認知に有効。

リスティング広告

検索エンジン利用時に表示されるリスティング広告は特定の関心・目的を持つユーザーに表示することが可能、ランディングページに誘導することで商品・サービスの会員登録・問い合わせ・購入を促すことが可能です。


フィード広告

ニュースサイトの記事内に見出しのようなタイトルを付けて配信している広告などを指します。周囲のニュースタイトルとのマッチング次第では高いCTRになるケースがあります。


検索ワード


関連性の高いTopics