SEO 技術トレンド20

08/01/2020 オフ 投稿者: Consulting-Div

概要

Search Engine Optimizationの略。Google、Edgeなどの検索エンジンでユーザーが検索ワードを入力・実行した際に上位表示かつサイト内の最適なページを表示される施策を示します。


SEOの効果

取り組むことで検索エンジンのユーザーが上位表示されているWebサイトを選択、訪問する機会が増えます。また、製品・サービスに関するキーワード検索時に上位表示されることで表示された商品・サービスを提供している企業への信頼関係を間接的に得られています。


上位表示の仕組み

Googleのbotが自動的にWebサイトのhtml部分をクローリング、ユーザーが検索したーキーワードに適している内容のWebサイトを降順で表示します。


ターゲット設定の重要性

商品・サービスのコアターゲットにマッチするキーワードを目的別に整理、設定することでリード獲得~商品購入までの目的別に強化ワードが明確になります。


取り組む際の注意点

短期間で劇的な効果をあげようとする施策やブラックハットはお勧めできません。Google社によるアナログ調査を受けてペナルティを受ける可能性が高いです。ペナルティを受けたWebサイトは表示順位が大幅にダウンします。ペナルティを解除するには不正な被リンクを否定してGoogleに再審査の依頼をしてGoogle社からの解除承認を得る必要が有ります。


スケジュール

現状サイトの調査・分析:1週間~2週間、ターゲットとするキーワードの選定:1~2週間を経て、通常1か月間~12か月間で上位表示を図ります。


導入コスト

上位表示させたいキーワードの難易度に応じて異なります。簡易なワードなら10万円程度~、難易度の高いワードなら12か月間で1,000万円ほど必要なケースもあります。


コンサルティング実績

  • 自動車関連ワード:1位表示
  • ノートPC関連ワード:1位表示
  • シェアオフィス関連ワード:1位表示
  • 学習塾関連ワード:2位表示

上位表示の難易度

Googleにおける月間検索回数に比例しているケースが多いです。
検索回数が数千回のキーワードの上位表示は3か月間~6か月間、数万回以上のキーワードの上位表示には6か月間~12か月間を要する場合もあります。
また、競合他社の対策の強さによっても上位表示の難易度は大きく異なってきます。


サービスを提供している主な企業

ウィルゲート、ナイル、フルスピード、アウンコンサルティング社などが実績のある企業として認知されています。


技術トレンド

  • アルゴリズム
  • Google Search Console
  • Webmaster tool
  • サイトコンテンツ
  • サイトマップ
  • クローリング
  • ページ表示速度
  • メタタグ
  • ページ内の文字数
  • ディスクリプション
  • 対象ワードの出現回数
  • 最終更新日
  • スニペット
  • ホワイトハット
  • 内部施策
  • 内部リンク
  • 外部施策
  • 外部被リンク
  • ブラックハット
  • Googleによる手動ペナルティ

Google Search Console

スターターガイド


ahrefs.comによるチュートリアル


検索ワード

  • 対策
  • 検索
  • 会社

関連性の高いTopics