BIツール導入事例と各機能

03/01/2020 オフ 投稿者: Consulting
BIツールで現状を分析

概要

BIとはBusiness Intelligenceの略。主に経営陣やマーケティング部門のキーパーソンが顧客属性や商品・サービスに対する満足度を図るなどして今後の経営指標の基になるデータをダッシュボード上で可視化したツールです。


利用スタイル

各企業が提供しているBIツールを社内システムに組み込み、社内横断的に導入するのが一般的です。中小企業においては担当者1ユーザーがデータを取得、整形して他の役員に共有するケースもあります。


役割

使うことで様々な角度から見たデータをある程度、自動的にダッシュボード上に表示させることが出来ます。 ユーザーが意図した形でデータをグラフ・テーブル形式で表示出来ます。ダッシュボードの設計者はアウトプットを事前にイメージしながら表示順・レイアウト・データの範囲などを設定していきます。


特徴

通常のスプレッドシートにおいて何十種類ものピボットテーブルや相関係数・偏差値をまとめたデータを生成する時間・人的リソースを節約することが可能です。それらの時間をより本質的な経営戦略を検討する時間にシフト出来ます。


ライセンス形態

以前はパッケージサービスとしてライセンス費を支払うサービスもありましたが、現在は1ユーザーあるいは1クライアント毎に月額・年額のサブスクリプションサービスとして提供しているタイプが主流です。


主なサービス

Google Marketing Platform、DOMOTableauOracle customer experience、 Yellow Finなどが企業に導入・利用されています。


Google Marketing Platform

Analytics, Data Studio, Optimize, Search Ads, Surveys, Tag Manager などのサービスを提供しています。

主な導入企業:Adidas

Google Marketing Platform公式Webサイト


DOMO

主な導入企業:日本航空、パナソニック、KDDI、TaylorMade

DOMO公式Webサイト


Tableau

主な導入企業:Linkedin、Lenovo

Tableau公式Webサイト


Yellowfin

主な導入企業:AT&T、vodafone、HONDA、Kodak

Yellowfin公式Webサイト


検索ワード


関連性の高いTopics