人気CMSの利用事例

03/01/2020 オフ 投稿者: Consulting-Div
CMS

概要

Contents Management Systemの略。Webサイト構築・運営に当たりコンテンツの作成や整理、そのカスタマイズを提案するツールです。


利用スタイル

各CMSをシステム部門がサーバに組み込み、マーケティング部門コンテンツを追加・更新していくのが一般的です。中小企業においては担当者がシステムとマーケティングを兼務しているケースもあります。


特徴

管理者のインターフェースがユーザビリティに優れており、公開設定のon/off、デッドリンクの確認などが容易。情報を統合的に管理出来るのが利点です。 使用するサービスによってはセキュリティホールが多いことから管理側の知識、保守・運用コストが必要です。


構成

ページのレイアウト構造を示すCSS、ベースになる画像、第三者が開発・提供しているプラグイン、サイト運営者がAPIなどを取り入れてパーツ化するウィジェトなどで構成されています。


ライセンス形態

基本的な機能はライセンスフリーで提供されています。 サードパーティが無料あるいは有料で高機能のデザインフレームやプラグイン機能を提供して、サイト運営者が必要に応じてそれらをサイトに組み込みカスタマイズして使用します。


主なサービス

WordPress、Movable Type、Drupalなどが企業に導入・利用されています。


WordPress

WordPress公式Webサイト


Mobable Type

主な導入企業:森ビル、弥生、デサント

Mobable Type

Mobable Type公式Webサイト


Drupal

主な導入企業:Paypal、Stanford University、Oxford University、Pinterest

Drupal公式Webサイト


検索ワード

  • 比較
  • 導入
  • 構築
  • php、html

関連性の高いTopics